【実力より顔を重視…❓】 少女時代 ユリ サバイバル番組『放課後のときめき』➡ 審査基準に批判の声💦 ➡ 謝罪とビハインド動画UP

「実力より顔を重視?」と
ユニに批判の声💦

 


12日、MBCのサバイバル番組「放課後のときめき」が放送。少女時代「ユリ」の審査基準をめぐって議論が起きています。

中間評価で「最後の脱落者」を選ぶ場面。その候補にあがったのは、「イ・スンウン」と「イ・ジウォン(15)」でした。

審査員を務める「ユリ」はその2人に対して、「ファンを集めることができる顔というものがある」とし、「今、私たちにはファンを集めるメンバーが必要だ」と、「イ・スンウン」に脱落を告げました。


脱落する「イ・スンウン」は前回の放送で、ダンスとボーカルがいずれもずば抜けた実力者との評価を受けた参加者。一方の「イ・ジウォン」について、審査員のヨンジは「正直に言ってジウォンの歌の実力は下」という評価を下していました。

今回の判断は、「実力より顔を重視した」とし議論を呼ぶことに。

スンウンの脱落について、他の参加者らも不満の声が。ある参加者は「スンウンは今日完璧だった。正直、2人のうち脱落者について悩んだというのもちょっと」。また「ありえない。これは違う」と涙を見せる参加者もいました。


こういった反応は視聴者からも聞かれることに。YouTube動画には「理解できない。 公正ではなかった」「審査員の資格がない」「アイドルは基本的に歌手」「歌手を選ぶ番組でボーカルの実力より重要な基準が何か知りたい」といったコメントが寄せられています。

今回の件は、韓国オンラインコミュニティでも話題に。コメント欄では、ユリの審査基準に批判的な意見が目立っています。

 

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「スンウンよくやっていたよ」
▼「顔で選ぶならなんでオーディションをするんだよ」
▼「顔だけ見て選ぶなら写真で選べばいいのに。なんで歌って踊らせるんだよ」
▼「十分にキレイなのに。ファンを集める顔ってなんなのか」

▼「15歳には傷つく言葉」
▼「スター性って言ったら理解したと思うけど」
▼「記事の写真を見ると、スンウンの方がファン受けする顔」
▼「テヨンは何よりも本業が上手だから、人気になった」
▼「スンウン可愛かったのに、ユリ見る目ないな」
▼「ユリはダンスを見る時も、審査基準は実力よりは、人に受け入れられているかどうかを見ていた」
▼「2人の実力が拮抗していて、絶対に1人落とさない状況だったら、分かるけど。でも、そういう状況じゃないから悪口を言われている」
▼「実力が同じならともかく、そもそも実力の差があるのに、なんで顔で選ぶんだ」

 


放課後のときめき」側が、少女時代「ユリ」の評価基準をめぐる議論を受けて、釈明しています。

12日放送のMBCサバイバル番組「放課後のときめき」では、中間評価の「最後の脱落者」を選ぶ過程が描かれました。


「脱落者」の候補にあがったのは、「イ・スンウン」と「イ・ジウォン(15)」。放送では、審査員を務める「ユリ」が「ファンを集めることができる顔というものがある」とし、2人のうち「イ・スンウン」を脱落させました。

脱落した「イ・スンウン」は「イ・ジウォン」より実力が劣ると見られていたため、この判断は「実力より顔を重視した」とし議論を呼ぶことに。ユリの評価基準について、ネット上では疑問の声が多く聞かれていました。

議論を受けて、番組側は脱落者を選ぶ過程を収めたビハインド映像を公開。映像には放送上カットされた内容が含まれています。


ユリは「(脱落することになるスンウンは) 根性と気質がある」「可愛いイメージに反して、実力はカリスマがあって反転があって生き残る生徒」と、スンウンの実力を称賛し、合格者に推薦しました。

しかし、ボーカル先生を務めるヨンジは「正直(ジウォンは)歌の実力は下だ。でも欲が出る。教えてB+まで上げたい」と、ジウォンを最後の合格者として強く推薦。これを受けて、ユリは「トレーナーの先生たちとの話し合いの末に(最終)決定することになった」と述べています。


この映像を公開した番組側は「中間評価の結果、クォン・ユリはイ・スンウンを選択したが、トレーナー先生との議論を経て、ジウォンに合格者が変わった」「編集過程で全体の脈絡をしっかりと伝えられなかった。視聴者の方々に不便を感じさせ心からお詫びする」と伝えています。

「放課後のときめき」は、「プロデュース101」CPで知られるハン・ドンチョル氏が手掛けるガールズグループ・オーディション番組。先月29日からMBCで放送中です。

 

デバク.tokyo
@daebaktokyo

少女時代「ユリ」評価基準が物議に →「放課後のときめき」謝罪+ビハインド動画アップ https://t.co/kVbgx8E1jD

(出典 デバク.tokyo on Twitter)

2021-12-17 22:51:53

(出典 @daebaktokyo)

デバク.tokyo
@daebaktokyo

「実力より顔を重視?」少女時代「ユリ」審査基準に批判の声 [放課後のときめき] #韓国オンラインコミュニティhttps://t.co/nSjjEjBSy6

(出典 デバク.tokyo on Twitter)

2021-12-17 15:17:35

(出典 @daebaktokyo)


@ma_xx_ling

放課後ときめき字幕ついて詳細理解したらユリ台本ついてんの?ってくらい言ってることめちゃくちゃだったけどイジウォそんなに良い??

(出典 粉 on Twitter)

2021-12-16 11:28:00

(出典 @ma_xx_ling)

むらさき@ゲーム垢
@murasaki_arins

放課後のときめきしんどい…ユリとソヨン、日本人の子目当てに見てるけど 脱落者の中に応援してる子いてガチ泣き

2021-12-16 04:12:41

(出典 @murasaki_arins)

Lunar
@lunar0619

あんだけサバ番もう見ないって思ってたのに気づいたら放課後ときめき割としっかり見ちゃってるんだけどwwそんでもって何故か先生のユリ推しになってるww

2021-12-15 23:13:35

(出典 @lunar0619)

gyun gyun🤮
@gyun_x_gyun

放課後のときめき 3年生が2次の段階で16人合格しちゃったから10人に現時点で選べないという判断のもと全学年16人に揃えるという話し合いのシーンが流れてた選んだのは各学年の担任のチョイスでユリはイジウォンを特別扱いしてる感じの取り上げ方されてた

2021-12-15 11:11:04

(出典 @gyun_x_gyun)

율율크♥️
@KwonYuriMY

【放課後のときめき】ユリ 「2年生~強い信念」[My Teenage Girl] Yuri “2nd grade ~ strong belief”☞ https://t.co/o1ECmIFCsD… https://t.co/qzmdBvaJZc

2021-12-13 18:18:37

(出典 @KwonYuriMY)

放課後のときめき
@tokimeki_jp

【放課後のときめき】🏫✨日本オリジナルコンテンツ更新💚本日はミナミ、カリナ、ヒナの担任でもある2年生のユリ先生にインタビュー💕今すぐチェック👀✨https://t.co/jQyG4zadGK#放課後のときめき… https://t.co/BF4NZsyKrz

2021-12-13 18:00:03

(出典 @tokimeki_jp)

うみ❕
@umigp999

放課後のときめきにユリもいるし、、え、やっぱソシ布教すべきなんじゃ、、(はいはい

2021-12-12 19:23:58

(出典 @umigp999)

ちょあこ🐼💜⭐️✨
@ryommrr

放課後のときめき。それぞれが何年生を担当するかの相談。1年生=Aiki、4年生=ソヨン。実力者揃いの2年生を担当したいオクジュヒョン先輩とユリや。ユリは少女時代を見て夢を育てたっていう日本人練習生のことも見届けたいらしい。😌… https://t.co/2TfYThdBnt

2021-12-11 12:43:42

(出典 @ryommrr)

明日成ぐな🧸💜MINI
@gooner_ini

@pdjp_s2 ア学が一番お好きなんですねー!気がついた時は見る機会がなくて💦じゃあアイズはユリですか?プロミスもいいですよね💗@goonerarsenal8 の垢ではKPOP追っててドゥルとLIGHTSUMは音楽番組全部見てC… https://t.co/8XTbb9RMmn

2021-12-10 20:04:15

(出典 @gooner_ini)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。