【2022年1月号の表紙】 BTS ファッション誌『VOGUE』✨RM・JIN・SUGA・J-HOPE 日本など12ヶ国で発売

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
両方欲しい……
インタビュー内容

違うんだって!

 

写真=VOGUE KOREA、GQ KOREA

BTS(防弾少年団)が、ファッション誌「VOGUE KOREA」と「GQ KOREA」の2022年1月号の表紙を飾った。

ルイ・ヴィトンのグローバルアンバサダーとして活動しているBTSは、グラビア撮影で全員がルイ・ヴィトン・メンズウェアコレクションの衣装とアクセサリーを着用した。さまざまなコンセプトに合わせて準備されたセットで撮影が行われ、特殊製作されたメディアアートウォールを背景に映像コンテンツの撮影も一緒に行った。

グラビア撮影後にBTSは、メンバー別の個人インタビューを通じて、8年間の活動に対する想い、それぞれ現在の趣味と今後の計画に対する率直な考えを語った。メンバー別の個人インタビューは、VOGUEとGQにそれぞれ異なる内容で載せられる。

VOGUE KOREAとGQ KOREAのコラボで誕生した今回の2022年1月号「BTSスペシャルエディション」は、VOGUEの3種類のカバー、GQの8種類のカバーで製作される。1組のアーティストが2つの雑誌の表紙を同時に飾って、全11種類のカバーで発刊されるのは、異例のことだ。また、今回にVOGUE KOREAとGQ KOREAが撮影した今回のグラビアは、韓国で発行された後、VOGUE HONG KONG、VOGUE SINGAPORE、GQ JAPAN、GQ AUSTRALIAなどを含める、世界12ヶ国の雑誌の表紙を飾る予定だ。

12月21日に発行されるVOGUE KOREAとGQ KOREA 1月号には、BTSのグラビアとインタビュー、アザーカットなど、各100ページにわたって掲載される。該当のコンテンツはVOGUEとGQの公式サイトからも確認することができる。BTSのメンバー別のファッションフィルムとカバーメイキング映像、インタビュー映像は、12月22日からVOGUEとGQの公式InstagramとYouTubeチャンネルで公開される。

RM

RM의 치열한 여정
자신이 누구인지 치열하게 찾아가는 RM의 여정은 그에게 귀를 기울일 수밖에 없게 한다.RM과의 대화는 꽤 자주 영원으로 흘렀다. 전 세계에서 가장 유명한 한국인 뮤지션은 요즘 ‘Timeless’와 ‘Long lasting’을 생각한다. 새로움이 당연하고 유지란 정체인 K-팝의 속도로 사…

RMインタビュー日本語訳
RMの激しい旅
2021.12.21
自分が誰なのか熾烈に訪れるRMの旅は、彼に耳を傾けるしかない。
RMとの会話はかなり頻繁に永遠に流れました。世界で最も有名な韓国人ミュージシャンは最近「Timeless」と「Long lasting」を考えている。新しさが当たり前で、維持という正体であるK-POPのスピードで生きる立場で当然の帰結かもしれない。RMは撮影のために私たちが飾った現代的なラブルームで四軍写真、「ヨジヨンド」屏風など、いくつかの装置の中で月の瓶が好きだと話した。朝鮮後期に盛行した月壺は、2021年にも飽きのこない色と不定形の線でさわやかさを表わしていた。

防弾少年団と<ボーグ>が会ったのは昨年10月のオンラインコンサート以後だった。2年ぶりに公演に復帰し、RMは以前の感覚を取り戻す中だった。ファンデミックは多くの創作者を混乱に陥ったが、全世界アーミーにもっと近づくという心で試した英語曲「Dynamite」「Butter」「Permission to Dance」の同人になったし、これで途方もない成就を成した。RMはその間2021 BTSフェスタ(FESTA)に自身のコンパスを見せる’Bicycle’のような曲も発表したが、オンラインコンサートを準備して2013年から発表した音楽を振り返った。「当時は本気でしたが、トレンドはすぐに変わり、私の耳もたくさん変わったんだと思いました。’Butter’や ‘Permission to Dance’も時間が経つとつぶやく聞こえますか?その中でRMは自ら変わったと言った。「トレンドの中に住んでみると、慣れてきたが、そんなに生きてはいけないと思います。どうすればいいのか分からないが、「ロングラスティング」と「タイムレス」したことをしたい。防弾少年団として活動してから9年になっていく時点で、そんな思いがたくさんあります。彼は<ボグ>撮影のために着たシンプルなブラックタートルネックセーターに触れながら話し続けた。「最近、私の人生全体の話題です。服も同様にクラシックなのが好きです。ルイ・ヴィトンでもジーンズのような基本アイテムにもっと目が通っています。好みが変わっています」

「私たちの話をするボーイバンド」として防弾少年団が私たち一人一人の人生に及ぼした影響は大変だ。私の痛み、ときめきのような内密な感情を他人の言語で確認したとき、アーティストと出来るつながりは深く、しっかりしている。鋭く認識するが優しく見て、鋭く感じるが美しく表現するRMの歌詞は私たちが生きる世界を多彩に認識させる。言語を丁寧に眺めるおかげで、訪れる言語遊戯はおまけだ。歌詞の方向性について質問すると、彼はより大きなカテゴリーの話をしました。「昔は「これはこれでなければならない」というルールが頭の中に多くあり、技術とかすごい何かを見せるのにとらわれていました。最近では、抽象的に伝えたいと思うテクスチャを実装したいと思います。視覚的にも触覚的にも考えながら共感覚的に考える能力ができました。音楽をなすすべての塊に歌詞、メロディー、ビート、声もありますが、そんな要素が最初に伝えたかったことを示すだけで全体的に考えながら作業します。長時間見てみればよく知っているだろうが、RMはどんな質問にも平然と答えない。彼が歩くステップ、吐き出す言葉、伸びる方向にはすべて理由がある。だから「自然に変わったのか」という質問にも、次のような答えが返ってきた。「自然という言葉の中にいくつかのきっかけがあるでしょうが、言葉にするのは難しいです。どんな大人になっていくかを自分で考えて掛けました。私が好きで、私に近いものを選んで癖で「私は大体ヨランのようだ」知っていく練習をしてきました。自然に変わってきたようですが、中を覗くと結局私が削ったのです。苦しみに悩み、振り返ってみると自然だったという感じです。」

先日、あるトークショーで彼らは「好きな音楽をしただけなのに国家を代表する位置になった」と話した。国連で演説をして国連総会を舞台に歌う防弾少年団は私たちの誇りだが、アーティストにとっては音楽以外の他のカテゴリーの義務と責任が従う。このような変化が音楽に制約やインスピレーション、あるいは新たな機会だったのか尋ねたとき、RMは「みんなが正しい」と答えた。「1は1の場合がほとんどなく、2でも4でもあります。国を代表するというのが良い時もあり、負担になる時もあります。確かなのは、望んで得られたものでもなく、望んでいなくても失われることもないということです。召命として受け入れて上手にできることをするのが私の運命のようです。いわばこんな感じです。「こんな人生も面白いんだな」そのように生きたい方です。」

それでも感じられるのはインタビューでしばしば言及した「防弾だけのDNA」だ。より具体的に表現すると、RMの「韓国DNA」だ。自作時「ㄱする」をはじめ、彼が書いて下った無数の歌詞、韓国美術作家に表わした愛情などを見守り、責任感の結果なのか気になったのも事実だ。「意図なのか自然な部分なのか尋ねればよく分からない。私が韓国人という自覚をむしろ米国に進出した後にすることになりました。ヒップホップとポップで音楽を始めたのですが、その時韓国ヒップホップにもなって好きでした。DNAが複雑に混ざっているのに、とにかく韓国で生まれ、韓国音楽を聞いて育った文化的風土が私のような人はよく分からないようです。私に埋もれていて、それは自然です。」韓国美術作家に対する好みには導かれたものがはるかに大きく作用する。「家に美術品を掛けるのは霊的な体験だと思います。作家の人生一枚をそばに置いてみるのです。それでは作品が呼吸します。本当に会話もできますよ。毎瞬間、私の心臓に近いものを横に置くのですが、それから韓国作家の作品を買うことになりました。

防弾少年団は「有名」の影響力をよく知り、肯定的な方法で発展させるグループだ。彼らが世界に及ぼした影響には多くの要因が作用するが、RMが美術界に及ぼした影響力ほどは美術への愛情その一つだけだ。「海外に行くとスケジュールを除いてホテルにだけ滞在します。その時唯一行くことができるところがミュージアムでした。モネナゴッホの作品がかかった美術館はいつも人が多いのですが、いつか平日午前に行って人があまりいませんでした。ところが、すでに亡くなった作家の完全な身体の痕跡が100年後、韓国の小さな男の子に一対一で感動を与える瞬間がやってきたのです。羨ましかったです。それから「韓国にはどんな作家がいますか?」探していました。私は一つに差し込むと終わりを見なければなりません。今はアートに差し込まれていてとても楽しいです。美術史を勉強してみると知的遊戯が本当に大きいです」どんな質問よりも水分を注ぐように(RMの表現である)言った。「分野が違ってもよかったです。美術は感情に率直できます。音楽は嫉妬し始めると大変です。優れたミュージシャンはとても多く、新しい人は絶えず出てきますから。そして画家の呼吸は長いです。四十歳に初めて個展を開いた作家も、イェスン歳まで絵一点も売れなかった作家もいます。しかし、私は20歳でデビューし、28歳で国を代表するという話を聞いて、次のステップに関する質問を受けます。人生を超越して生きるようです。だから美術家の呼吸に似たかったです。美術館に行けば、その瞬間だけは時間が止まって私を振り返るようになります。」

防弾少年団を説明するキーワードは多くであるが、RMの成長と軌跡を共にする。RMは自分が誰なのか答えを求めてきて、その過程は自然に音楽になった。防弾少年団は奇跡だと思うが、本気は通じ、夢は叶うと信じる彼はそれにもかかわらず、良くなりたいという私たち内面深いユートピアに触れる。「夢よりも現在に忠実であるという話も時流に合って共感します。夢を見ろと強要する社会もあまりありませんが、夢は重要です。努力、希望を信じる少年、少女が心の中にいる人々が多かったらいいです。私もやっぱりです。人々と自分で掛ける期待が高すぎます。今後、私が全く違うことをしても期待するのに狂っているかもしれません。まだ習作の時間を経ていると思います」陳腐だという誰かを書いても依然として私たちの胸を走らせる夢。RMの夢は「結局人間」だ。「防弾少年団ではなく、こんな人と話せる人になって、二次創作物を作りたいです。田舎にこだわって本を読んで勉強したい夢も飾り、様々な夢があります。今はとても幸せですが、確かに激しいスピードなので、いつか私のスピードを探したいです。

「10代の抑圧と偏見を防いでくれる少年たち」だった防弾少年団は、「現実に安住せず、夢に向かって絶えず成長する青春」という「Beyond The Scene」の意味を加えた。RMも自分の越えて、それ以降を考える。「私たちの存在自体が地球に危害を加えます。資源を無駄にして二酸化炭素を吹き出すからです。私は人が生まれた理由があると信じています。私がするすべての活動が意味のある何かに残ってほしいです。「Beyond RM」は惑星に及ぼした以上の分け前をこなすこと。1.1人分以上の人間です。インタビュー中に打ち明けた悩みとは異なり、彼はすでに永遠の反熱に上がったのかもしれない。「一言、歌詞の一行が、私たちが生きていくのを助けてほしい」アーティストはビートルズ以前にもなかった。時間が経っても絶対に衰退できない光だ。

 

JIN

진이 가진 아이러니
진지하지 않아서 결국 진지해질 수 있는 사람, 진이 가진 아이러니.스케줄이 없는 진의 하루는 대략 이렇다. 새벽 5시까지 실컷 게임을 하다 잠이 들고 오후 2시 즈음 일어난다. 침대에 누워 3시간가량 천장을 멍하니 바라보다 가끔 휴대폰을 체크하고 TV도 한 번 켜본다. 또다시

JINインタビュー日本語訳
ジンの持つアイロニー
2021.12.21
真剣じゃなくて結局真剣になれる人、 ジンが持っているアイロニー。

スケジュールのないジンの一日は大体こうだ。 朝5時まで思う存分ゲームをしてから眠りに入って午後2時頃起きる。 ベッドに横になって3時間ほど天井をぼんやりと眺めているが、たまに携帯電話をチェックしてテレビもつけてみる。 またパソコンの前に座ってお腹が空いたら何かを食べる。 お腹がいっぱいになるとだるくなり、自然とベッドに戻る。 ジンの表現を借りれば「誰かがお前が情けないくらい生きた」と話すほど余剰な一日だ。 2021BTSフェスタ(FESTA)「アミ万物商店」で話したように、ジンには1日をどれほど情けなく過ごしたかが自分を満足させる基準だ。 一日中何もしなくてもいいという完全な自由を楽しむ日が昨日だったとしたら、今日の<ボーグ>撮影は正反対だ。 「久しぶりに歴代級のスケジュールでした。 昨日TVを見た後、2時間くらい横になって5時間ゲームをして夜中の2~3時頃寝たかな? そして、ここに来たんです。 今日は補償が必要だと思います。」

おそらく彼は1人か2人の親友に会って,スケジュールが終わった後にゲームに夢中になるだろう. そうして翌日には、本人の望むようにだらりと垂れ下がっていたのだろう。 自分のことを「好きなようにする人」と呼ぶほど即興的なようだが、実は彼自身のルールがはっきりしている人だ。 休息に対する所信だけを見てもそうだ。 「最近は休息という言葉が変質したようです。 休息というのは完全に自分だけのためのものだと思うんですよ。 余暇時間までスペックづくりというべきか、何か役に立つ仕事をしようとするではないですか。 ところで私は無駄な使い道を信じる人です。 他人の目には役に立たない一日があってこそ役に立つことにも集中できると思います。」皮肉なことにジンは「余剰な」時間の価値を知っているからむしろ日常に忠実な人だと言えるようだ。 「これがすべて『推進力を得るためだ』みたいなものです(笑)」

言っておくと、このインタビューはジンの声を想像して読まなければならない。 どんな内容であれ、今の世の中で最も興味深い話を聞かせてくれるような無邪気なトーン、茶目っ気たっぷりでありながら確信に満ちた話し方、所々に「ガラスを拭く音」と呼ばれる特有の笑い声を混ぜながらだ。 インタビューの間、大体冗談が交わされた。 彼の冗談には風変わりなところがあるが, 正に裏面がないことだ 普通、冗談だけで対話を続ける人々がそうであるように、本心を隠すための防御機制のように感じられるのではなく、適当に淡々と溌剌として、適当に本心に聞こえる。 「私はイケメンですよ。 こんなものは外しません」と「うーん… 一番の境界線がどこまでなのかよくわかりません」と同じトーンで話すというやり方だ。

「真剣な雰囲気が嫌いです。 ややもするとそんな雰囲気が形成される時には軽く作ろうと努力します」私たちは既に数多くの番組、コンテンツで創意的なユーモア、ジンが愛する’オヤジギャグ’を見てきた。 そして、「人を笑わせることからエネルギーを得るこの男性は、舞台の上を除いて真剣になる瞬間があるのか」という質問に、いつになくきっぱり答えた。 「本当にありません(笑)」。 普通、真面目な人と軽い人が会話をしていると、2人のうち1人が連れていかれてしまうものです。 結局深刻な雰囲気になる場合が大部分ですが、私はそうではないです。 わが社にとても真面目な方がいらっしゃるのですが、その室長と会話をする時も30分のうち20分は冗談を言って出てきます。 もしこの人はとても真剣で私と合わないようだと思ったら席を早く外します」

それで私たちは対座して与えられた時間に合わせて個人の苦悩と不安、未来を論じる代わりに、この上なく軽く愉快で、少しはくだらない対話をすることを選んだ。 なぜこんなに真剣な雰囲気を嫌がるのかと尋ねると、ジンは「面白くないですから(笑い)」とか「インタビューする時も友達と会話する時も同じです」といった格意のない答えを出した。 「本業は歌手だけど、一番の境界線がとても曖昧じゃないですか。 舞台もしなきゃいけないし、今日みたいに 画報も撮らないといけないし、 コンテンツ撮影もあります。 仕事そのものにおいては当然真剣なことです。 しかし、第一の境界線がはっきりするまでは、具体的に「いつ真剣」とは言えません。 舞台の上を除いて80-90%はほとんどいたずらをして過ごしているからだ」そして今回もやはり舞踊に見える軽さは結果的に有用に作用した。 「楽しく過ごすことが、私が疲れずに働ける動力の一つではないかと思います」

ジンが言う「面白さ」に対する哲学は、BTSを唯一無二のスーパースターにした要因の一つだ。 BTSには、ほかのスーパースターとは差別化された親しみやすさがある。 宇宙のどこかをさまよっているような遠いヒーロー的存在ではなく、私と同じ世界を生きている人のように感じられるという話だ。 音楽はもちろん、芸能番組やインタビューで彼らが投げかけるメッセージと相変らずふざける姿を見て、私たちは8年前のデビュー序盤のそれと似た共感を感じる。 (スケールは大きくなったので感動は何倍もする)このようなBTSの独歩的なケミで、ジンの役割は大きい。 彼はチームで最も年長者であるにもかかわらず、兄弟たちと気兼ねなく過ごすと同時に、揺るぎなく中心を取ってくれる最も理想的な「末っ子」(末っ子のような長兄)に挙げられる。 世間の心配のない態度でどんな状況でもすっきり中和させるジンの能力は、BTSが持っている人間的な魅力の主軸と言っても過言ではない。 でも、ジンは私の前でこう言っている。 「私は大変なことでもなく、優れた実力でもない人です。 周りからはそう思われていないが…。 私がこの話を切り出しただけでも、どうしてそんなことを言うのかと、あなたはとんでもないことをやり遂げたと話すのですが、私はまだ受け入れるのが難しいです」 誰かが私に『他人より何が偉いか』と尋ねてきたら、『私はBTSだ』以外に話すことはない」。

ほんとうに, あいかわらずそうかな BTSの業績をいちいち挙げるとしたら、今でも「ボーグ」誌面が足りないくらい? いくらジンが強調したとしても、私たちは毎回反問するしかないだろうが、いずれにせよジンは正直だ。 今、彼が考えて感じたことをフィルタリングなしに打ち明ける。 世界中どこに行っても「ワールドワイドハンサム」と堂々と言えるのも、一方でインタビューで大したことなく反転の本音を見せるということはいずれも高い自尊感の証拠だ。 「実は私よりハンサムな人が多いじゃないですか。 「ワールドワイドハンサム」は、人に笑うために軽く投げかける言葉です(笑)。 僕より、歌が上手でダンスが上手な人が 多いのも事実です。 ただ、他の人たちが実際の私よりも私を良く見てくれるため、本当にそうなりたくて努力しています」そしてそのような率直さは健康な自己愛の動力となり、結局素直な肯定に置き換えられる。 「誰でも生まれつきの分野というものがあるじゃないですか。 良くないことや精神的に辛いときにすぐ忘れるのが私の能力のようです」彼の肯定には特別な秘訣はなかったが、はっきりとした答えがあった。 うーん…日常に充実していると、自然と忘れて前に進むようになります。

今は想像しにくいが、デビュー序盤のジンは口数が少ないメンバーだった。 「冷美男」「氷の王子様」のイメージだった彼が2016年に発表したアルバム「花様年華Young Forever」のタイトル曲「FIRE」の歌詞「勝手に生きろ、どうせお前のものだよ、負けるな」に刺激を受けた後、少しずつ変わり始めたというのは有名なエピソードだ。 「どうせ好きな人は好きで嫌いな人は嫌い」という有名税の税金のような真理を悟ったというのだ。 「以前はBTSの『真』と『人金石鎮』をある程度区分していましたが、今はそうではないですね。 ただ放送でやっていた通り、現実でも生きているような気がします」過去の姿を見て、ジンは「何であんなふうに生きてきたんだろう?」と思ったという。 「たしか私には、住みたい方向があったと思うんですが」

誰かのための人生でなく、望み通りに生きることは決して容易なことではない。 特に全世界の関心と期待を一身に受ける、世界で最も有名な人の一人ならなおさらだろう。 そのため、今彼は2020年から立てた目標を忠実に履行している。 それが’考えずに生きる’だ。 「決して容易ではない目標です。 雑念が本当にたくさんあるじゃないですか。 明日はこれをしなきゃいけないし、明後日には別の仕事があって… 「本来、性向自体が計画することは嫌いです。 計画は一応守らなければならないが、それが大変で旅行でも何でも即興的にする方です。 人生の大きな枠組み程度は立てるのが正しいですが、細部の計画はちょっと避けています。 頭が痛いから(笑)」ジンは最後まで冗談交じりで明快に言った。 「何も考えずに生きて、 最近はもっと幸せじゃないかと思います」

 

SUGA

https://www.vogue.co.kr/2021/12/21/%EB%AF%BC%EC%8A%A4%ED%8A%B8%EB%9D%BC%EB%8B%A4%EB%AC%B4%EC%8A%A4-%EC%8A%88%EA%B0%80%EC%9D%98-%ED%99%94%EB%B2%95

SUGAインタビュー日本語訳
「ミンストラダムス」シュガーの火法
2021.12.21
‘ミンストラダムス’ シュガーはとんでもないが斬新に許す。

「ポートランドトレイルブレイザーズ。ビッグチームよりもアンダードッグが好きです。」他の誰でもないぴったりのシュガーらしい選択だ。最近の関心事を聞いて待っていたように、彼の最愛選手であるデミアン・リラードと最愛チームポートランドを初めて公開し、しばらくをバスケットボールの物語で満たした。「NBAシーズンです。これは最近落ちです(笑)。シュガーの顔がこんなに明るく見えたことは初めてだ。押しつぶすような緊張感の代わりに安定感と余裕が宿ったおかげなのか、過去のミックステープを支配した諦めと月官の情緒が浮上した。「思い出。そうです、置いてしまった感じです。コロナラは、私が頑張って頑張ると良くなるのではありません。努力するのがどのくらいのエネルギー消費が多いかをもっとよく知ることになりました。そんなに苦労しながら暮らしたのに」正確な表現だった。シュガーは苦労せず自然だが、それでも勇敢ではないようだった。最近の人間として彼を支配する考えが気になった。「事実、最近は別の考えがないから…」(笑)本当に。忙しすぎたり、アイデンティティに対する考えはできるだけしようとします。そこに気をつけてみると悩みすぎるから。流れるように生きるのも悪くないと思います。何かをめちゃくちゃにして努力するよりも流れていくように。

シュガーはここ数年間激しい時間を過ごした。「努力をしなかったり、あまり頑張ったというわけではありません。受け入れが自然になったのだろうか?幼い頃に比べて。」確かにそうだった。その塩細性と憂鬱さに私も知らずに伝染しそうだったラッパー「アガストD(Agust D)」はこれ以上探すのが難しい。「最初の「ミッテ」は怒りに近かった。ところが、その間にまとめをしたんですよ(笑)。今誰に怒らなければならないのかよく分からないんですよ。それで初めて私に直面するようになったんです。怒りと劣等感を武器にしてきた人でしたが、自己破壊的な怒りが徐々に効力が落ちた時が2018年でした。これ以上これだけで進むエネルギーを作ることはできないと思いました。」

その頃に徐々に形を整え始めたのが彼の2番目のミックステープだ。最初のミックステープと全く違った、音楽的に成熟したアルバムだった。「実際に録音は2020年、最後は2~3ヶ月ぶりにタイトに終わったが、ビートや基本作業は2016年初のミックステープが出たやいなや始めたんです。「人」というトラックを完成したのが2016年10月頃だったのに、「あ、私がこういう曲を書くことができる段階まで来たんだ」と思いました。私が最も大切な歌「人」に言及すると、私も知らないように喜びの嘆息が出た。防弾少年団としてデビューして以来、最も成熟した人間ミンユンギの洞察を示す傑作。あまりにも気にしないように、淡々と「人がみんなそんなことだ」と言うことにより、胸の底は曲、それが「人」だ。「私も「人」が最愛曲です。4年間私の記録だと思うんです。ほとんど作業を終えればまた聞かないのに’人’は聞き続けました。聞くたびに感情が変わります。何か寂しくてセンチになったときに入れておけばよかったです。」

防弾少年団というアーティストの最も重要な魅力が「生の率直さ」なら、明らかに最大の役割を占めるのはシュガーだ。自分の悲しみと憂鬱さえも創作の材料として使うべきがアーティストの宿命だが、それがいつも楽しいだけではないだろう。しかし、シュガーの回答はとんでもないが斬新に許す。「人々が私の音楽が好きだったんです」「ふっ」という笑いに込められた確信。だが、だからといって自慢とは違う愚かな率直な淡白さ。

作曲家として、シュガーの性向や習慣について尋ねると、「その時は違う」という回答が戻ってきた。「すぐに出てくる曲があるのか​​と言えば、受け入れはしたのですが、今でもやめておくかと思って苦労する曲もありますよ。「Over the Horizo​​n」のような場合は、一度によもぎ出てきた場合でした。実はギターとストリングパーツを20分で終わったんです。テーマを与えて「こんなメッセージで曲を書いてください」とすれば、3分の絵が描かれている方です。どんな絵に行くべきかは一度に出てきて、次に一つずつ合わせてみるスタイルです。だからスケッチだと言うでしょうか?そのスケッチがすぐに出てくる方です。」その言葉を聞いて改めて浮上した言葉は「天才」だ。だがアイドルとして、スーパースターとして誰が閉じ込めなくても制約が続く人生を生きなければならない運命を持った彼が絶えず音楽的インスピレーションを得るのは容易ではないことだと思われた。「お金のないタイミングに一つずつ何かインスピレーションが出てきます。あまりにも言えない状況でも。」

大衆がアーティストに持っている間違った幻想の1つは、芸術家のインスピレーションは特別なものに由来するという信念です。「ただ作業室にいるのに、「これは私ができる」と思う時があります。時にはあまりにもやりたくないときに出てくるし。「この瞬間にこの感情を使うんだ」以来見たことが一度もないからです。音楽についての話をするシュガーの目つきは余計に輝く。声にますます緊張が加わっていく。「良い気がしたら、必ず書き留めておきます。それからまた、見返る瞬間が来ますが、その時、途方もないインスピレーションが出てくる時があります。いつ書いたのかわからないし、私が書いたのかも知らないものよりも「え?」これになると面白いね」と思う瞬間が来るんです。」

アーティストにとってインスピレーションはしばしば「交流」から出てくる。最近、彼らにとって最大の経験だったコールドプレイと共演のようなことだ。両チームの仕事は、世間の想像よりもはるかに有機的で人間的でした。「韓国に来ると最初に提案して不思議でした。コールドプレイの場合、コラボレーションをするときは常にクリス・マーティンが来て録音を受けると言いました。本人がとても積極的に出てびっくりしました」メイキングフィルムで垣間見えた姿そのままだった。最高と最高の出会いというには素朴だった、音楽を愛する人々の純粋な情熱そのもの。「みんな謙虚で純粋で情熱的で親切にしてくれました。私たちの状況とコールドプレイが25年近く経験した状況が大きく変わらなかったんですよ。自分たちの苦情と私たちの苦情を分け合いながら会話がよく解けました。あるチームはロックバンドで、もう一方のチームはボーイバンドだが、ジャンルが違うと苦しむ苦痛が他のものではないことを知った瞬間だったと言うシュガーの顔には薄い感動さえ殴った。「スターに会ってみると、今この行動が本気かどうかは区別があります。ところで、コールドプレイはとても本気で、私たちがむしろ感動でした。」

もともとトップレベルの世界で学ぶことは、技術的なものではなく人間的な魅力や態度から始まるものが多い。それでもシュガーなら先輩から何かノウハウ一つを得ていなかっただろうか?「リアクションですよ(笑)。ラップ録音してメロディーダビングする作業をたくさんしましたが、リアクションがとても良いです。録音ブースに入った人は感じられます。私はディレクトするときにリアクションなしでやった方です。半ば魂が出た状態で(笑)。しかし、コールドプレイのような態度がむしろはるかに人の潜在力を引き出すことができるのではないかと思いました。」

すべてを成し遂げたように見えるシュガーに過去8年間得たもの、また失ったのは何だろうか。「幸せを得たと思います。それが途方もないのではないことも分かりました。物質的なものが幸福を与えると知って一生懸命住んでいたが、いざ得てみるとよく分からなかったんですよ。私は水浴がないのですが(笑)。物質的なものがこれ以上大きな満足感を与えないということが分かったからです。だから今は些細なことから探そうとする方です。朝早く起きて空腹時に飲むデカフェインコーヒーのようなもの。今でもこのような楽しさを知っていいです。失われたのは平凡です。他人の平凡さが私には特別じゃないですか。でもそれは時間が解決してくれると思います。」なんだかわからなくて嬉しくて幸いな言葉だった。平凡さの大切さを楽しむことになった彼の次は何だろうと思った。もしかしたらプロデューサーのミン・ユンギの本格的な緊急ではないかと期待した私に戻ってきた最後の答えは意外と、しかしあまりにも当然防弾少年団だった。「死ぬまで防弾少年団をやると思います。制作をしてみるのはどうかという言葉も聞きます。しかし、できないと思います。誰かを責任あるほど責任感がありません。私は防弾少年団が好きです。」活動して以来、最も長く韓国に滞在したとして、エキサイティングな毎日よりはルーチンが与える健康を感じるという人間ミンユンギを去って最後まで躊躇した質問を投げた。「そうですか?謙虚なバージョンと自分だけのバージョンがありますが、どのようなことをしますか?正直、期待はしていません。ところで受け取ると思います!(笑)」 そう、「ミンストラダムス」は一度も間違ったことがなかった。

J-HOPE

J-OPEのインタビューと写真は下記URLからアクセスできます!

제이홉이라는 희망의 세계
제이홉, ‘희망’이란 이름의 청춘 백서.누구나 그렇겠지만 제이홉에게 크리스마스이브는 조금 더 특별하다. 2010년 12월 24일. 연습생이 되기 위해 광주에서 상경한 그날, 전국은 30년 만의 한파가 시작되었다. 모든 게 낯선 열여섯 소년은 어두운 숙소에 누워 어떤 꿈을 꿨을까? 긴 겨…

J-HOPEインタビュー日本語訳
ジェイホップという希望の世界
2021.12.21
ジェイホップ、「希望」という名前の青春白書。

誰でもそうだが、Jホップにとって、クリスマスイブはもう少し特別だ。2010年12月24日。練習生になるために光州で上京したその日、全国は30年ぶりの寒波が始まった。すべてが見知らぬ人の16の少年は暗い宿舎に横たわってどんな夢を見ましたか?長い冬が終わり、ついに防弾少年団の時代だ。「ちょっと目を閉じたのは防弾少年団ですね」華やかな衣装で着替えたジェイホップがカッコいいように笑って言った。ソウルオリンピック主競技場で開かれたオンラインコンサート「BTS Permission to Dance on Stage」の熱気がまま食祈り前、<ボーグ>の撮影に乗り出した彼は防弾少年団のJホップで、自分の人生できらびやかな一時を過ごしている。いつまでも続くような眩しい夏の真ん中で彼は希望を歌う。ジェイホップが案内する希望の世界、「Hope World」は2018年に発売された彼の最初のソロミックステープタイトルでもある。

「私の最初の作品で、一種の名刺のようなものだと思いました。私がどんなバイブを持った人なのか、音楽的な方向はどうなのかを見せたかったのです。」韓国ソロ歌手初めてビルボードメインアルバムチャート(ビルボード200)2週連続進入の記録を立てた彼は2019年「チキンヌードルスープ」でビルボード「ホット100」に上がって世界的人気を続けた。ベッキージー(Becky G)がフィーチャーリングに参加したこのミュージックビデオの再生回数は、現在3億1,300万ビューを超える。最近、彼はコールドプレイと防弾少年団が協業した「My Universe」の作詞・作曲に名を連ね、RM、シュガーと共にビルボードホット100 1位の合計3曲に参加した韓国初のミュージシャンというタイトルまで加えた。2021 AMA(アメリカンミュージックアワード)でアジア歌手初めて’今年のアーティスト’賞を受賞した防弾少年団はコールドプレイとコラボレーションを繰り広げた。わずか数年前だけでも想像できなかったことだ。防弾少年団の時間は急速に流れている。

2017年4月、ジェイホップはRMと共にソウルオリンピック主競技場で開かれたコールドプレイの来韓公演を見に行ったことがある。「ファンとして彼らの公演を見たかったのですが、スタジアムコンサートをどのように解釈して解いていくのか気になりました。コールドプレイはスタジアムワールドツアーで有名なアーティストであり、それは私たちの夢でもありました。」「スタジアムワールドツアー」という彼らの夢が実現したのは、それから1年ぶりだ。2018年8月、ソウルオリンピック主競技場で初扉を開いた「Love Yourself」ツアーは、東京ドームをはじめ、アジア、ヨーロッパ、北・南米20都市を行き来し、104万人の観客を動員し、続いた2019年「Love Yourself」 :Speak Yourself ‘ツアーではロンドンウェンブリースタジアムステージに上がった。当時ソロ舞台初のランナーに出たジェイホップは’Trivia起: Just Dance’に合わせて幻想的なパフォーマンスを繰り広げた。「ワールドビジネスの核心、交渉1順位売り切れ」という「MIC Drop」の歌詞は、多くの挑戦の中でK-POPの新しい歴史となった人々にとっては虚勢ではない実際の状況だ。みんなが防弾少年団と一緒にしたい。

防弾少年団とコラボしたコールドプレイのクリス・マーティンは「夢が叶ったようだ」とときめきを伝えた。この伝説的なイギリスのロックバンドのボーカルは、一番好きな曲でジェイホップの「チキンヌードルスープ」を挙げた。同ミュージックビデオでジェイホップは子供時代の写真を入れたアイスネックレスに両手には太極旗リングを着て50カ国以上のダンサーたちと踊る。小学校6年生の時から歌手を夢見て光州金南路と忠長路を踊りにしわにしたアンダーグラウンドトップダンサー。多くが変わった今もダンスへの情熱だけは依然としてその日にとどまっている。練習室で一人でダンスに没頭するジェイホップの表情は舞台とは違った感じだ。「その空間(練習室)に入ると、莫大な責任感で始まり、過去の様々な記憶が思い浮かびます。「私がこんな人だったんだ」という気もします。」練習室に着いて一番先にすることはトイレに行くこと。「一度空にした後、体をほぐす(笑)。軽く今日練習しなければならない音楽を聞きながら、そのバイブと感じを体の中に入力します。それで集中するようです。正直、昔ほど長くはできません。その時はダンスに狂っていた時期だから…。今は楽しめるくらいだけ!足りない部分があれば集中的に売るスタイルなので、状況によって練習時間は変わります」

全世界を行き来する防弾少年団の活動中でも曲作業は続く。Jホップは想像の中の物語より自分の日常からインスピレーションを得るタイプだ。「いつも話していますが、アルバム作業をしながら学ぶことが多いです。アルバム曲を書いて自分をもう少し愛するようになったし、成熟した人に成長できたようです。最近はどんなことが幸せなのか疑問符です。時には子犬や動物のような、言葉も通じない小さな命が私に与える慰めがより大きく近づくこともしたんですよ。些細ですが、そんなことで大きな幸せを感じます。」彼はスケジュールのない日には主に家で時間を過ごすと言った。近年、世界中で最も忙しい人の一人になった彼には、多分最も大切な休憩だろう。「事実家に一人でいる時は思ったより何をしません。活動中にあまりにも多くをやっているので、休む時はただ行けないと思います。テレビも見て。もともと生活パターンが規則的な方なのに、たまには正午まで寝寝することもあります。もちろん音楽に対する考えはいつも影のようにくっついている。曲作業はいつのまにか生活の一部となった。それは休む時も同じだ。「できることがそれしかないんですよ」。ウォーカーホリックらしい答えだ。

そのやはり自分の次のミックステープを待つ人々が多いことを知っている。誰よりも誠実な彼は自分で決めたデッドラインに厳しい。しかし、それより重要なのは結果だ。ジェイホップはしばらくスランプを経験したと述べた。「事実前、ダンスを通して音楽に触れたのでしょう。音楽的な部分はまだディレクションが必要です。最近、多くのプロデューサーの方々に会って私の音楽を聞いてくれてフィードバックを受けながらジレンマに陥りました。私が捕まえた音楽的方向性が難しいことだったことを悟りながら、ひどくメンタルが揺れたんですよ。これを早く解決したいのに表現がうまくいかないから「私の限界はここまでか」自壊感も聞きましたし。徐々に克服していきます。」ジェイホップは今まで作った数多くの曲を全リストから削除し、原点ですべてを再開していると淡々と話をした。彼がスランプを克服する方法は一つだ。克服されるまで試してみること。これまで防弾少年団がそうだったように。

2年ぶりに開かれる対面コンサート「BTS Permission to Dance on Stage -LA」を控えて「緊張してときめく」と話したJホップは、LAソファイスタジアム史上初めて4回公演を全部完売させ、米国最大の年末音楽祭「ジングル」 「ボールツアー」の舞台に上がった。11年前に歌手になるために故郷を去った少年は「グラミーアワード」の候補となり、もう一度クリスマスイブを迎える。「練習生生活を始めた後、クリスマスへの思い出はあまりありません。いつも何かを準備したり練習したり、デビュー後は年末活動準備に忙しかったです。小さな願いですが、今年は家族と一緒に静かで敬虔にクリスマスを楽しむ気持ちが大きいです。あるバラエティ番組でジェイホップは自分の人生を本で書いたら、その最初の文章は「私を導いた人々に」になると言ったことがある。母をはじめとする家族はまさにそのような人物だ。「結局私を愛してくれた人々が今の私を導いたと思います。私のそばにある6人のメンバーを含め、家族、周辺のスタッフ、大切なファンの方々。私だけではおそらく不可能だったでしょう。このことを始めてからは、周囲の人々がどんな考えをしてどんな感情を感じるのかみなみたいです。私は周囲の影響をたくさん受ける方ですが、彼らの温もりと心からの心が私をここまで導いてくれたと思います。私は人生の一つが生まれました。」ジェイホップは自分と防弾少年団にやって来た幸運と成功に対するボールを自分を取り巻く良い人々の良い影響力に回した。そして今は自分が受けたその途方もない愛を多くの人々に返す順番だと思う。一種の召命意識だ。

「舞台に上がってファンと向き合う時、防弾少年団のメンバーになることは本当に上手だったと思います。私のダンスを見て、私の歌を聞いて私を愛してくれる方がいるので、私がこの場に存在することを確かに感じます。それがJホップでもあり、チョン・ホソクでもあり、完全に「私」として楽しめる瞬間です。」おそらく長い時間が過ぎた後、再びこの時代を振り返っても、J-HOPは明らかに今のように言えるだろう。彼に「チョン・ホソク」という本の最後の文が何になることを望んだのか尋ねた。「私が率いる人々」。食傷することもできますが、明らかに私が導く大切な瞬間と人々がいるからです。」今日私たちに与えられた時間はここまでですが、Jホップの物語は続きます。親愛なる人々と一緒に作っていくジェイホップの明るく遠大な希望の世界。永遠に壊したくない甘い夢だ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

VOGUE KOREA(@voguekorea)がシェアした投稿

 

Vmomo
@Fmomo_BTS

帰宅して今インスタ見てきたんですが、GQ・VOGUEほぼ覗いてしまった感じ…もう写真いっぱい溢れてるご本人達もあげてるからしょうがないね。

2021-12-21 22:58:48

(出典 @Fmomo_BTS)

W.Y
@Hk134Y8

「*までBTSだと思います。プロデューサーをメインにするのはどうかと言われますが、できないと思います。誰かの責任を負えるほど責任感があるわけではありません。BTSがいいです」私も*までarmyだと思います本当今回のVOG… https://t.co/ZqumfZmbto

2021-12-21 22:58:48

(出典 @Hk134Y8)

さちゃパグリ
@samgyopusalu

BTS・JUNG KOOK「僕より凄い人はたくさんいるが“着陸”は考えてない」VOGUE特別カット&インタビュー【PHOTO】|スポーツソウル日本版 https://t.co/xxdXW7M0jF @sports_seoul_jpより

2021-12-21 22:57:47

(出典 @samgyopusalu)

✴︎
@44borabora05

20211221【VOGUE KOREA】ジョングク②#BTS #방탄소년단 #정국 #JUNGKOOK @BTS_twt

(出典 ✴︎ on Twitter)

2021-12-21 22:57:46

(出典 @44borabora05)

kinomico
@kinomico1

VOGUEのテテさん超絶美人……何か咥えてるね……何かわかんないけど……纏うオーラが半端じゃないね…………omg✨ #BTS #v #テヒョン

(出典 kinomico on Twitter)

2021-12-21 22:56:54

(出典 @kinomico1)

이 미혜(いみへ)
@Lee_mihye_

Vogueの写真本当みんな格好いいな。待ち受けを変えてたのに娘が気づいて「お母さん!ARMYやん!」やって#BTS #BTSARMY

(出典 이 미혜(いみへ) on Twitter)

2021-12-21 22:56:48

(出典 @Lee_mihye_)

HONEY
@bt_bt_bts

他のメンバーのインタビューもまた明日ちゃんと読みたいな。VOGUEのほうはジョングクのだけ少し読んでさっきリツイしておいた記事内容も読んでみたけど、やや言葉端折られてる感じもあったので自分なりに付け加えたいところなどあればまた明日精読してから…❤️‍

2021-12-21 22:55:41

(出典 @bt_bt_bts)

✴︎
@44borabora05

20211221【VOGUE KOREA】ジョングク①#BTS #방탄소년단 #정국 #JUNGKOOK @BTS_twt

(出典 ✴︎ on Twitter)

2021-12-21 22:54:48

(出典 @44borabora05)

‌‌‌ᵗʰᵛ
@Be7Tomov

BTS 表紙『GQ KOREA(全8種)』『VOGUE KOREA(全3種)』取り扱い開始 https://t.co/LaO5LOxf5A @HMV_Japanより

2021-12-21 22:54:40

(出典 @Be7Tomov)

마치(マチ)
@jinnopen

VOGUEのジンくんの爆イケ写真が、、、もうガムは買わない…見ない…と決めた心を揺らしてくる#VOGUE #bts #BTSJIN

(出典 마치(マチ) on Twitter)

2021-12-21 22:53:34

(出典 @jinnopen)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です